Home|美しい素肌は弱酸性


   肌のPHバランス

PHバランスが弱酸性の場合

(1)肌のきめを整えます。
(2)化粧くずれを防ぎます。
(3)雑菌から肌を守ります。
(4)清潔な状態を保つことができます。




   肌のアルカリ中和能



私達の肌は、自然に弱酸性にもどる性質があります。
この弱酸性にもどる性質を皮膚のアルカリ中和能といいます。
私達の自然の皮脂膜はPHバランスのとれた弱酸性で、常に皮膚の表面を健康的に保つ自然機能が備わっています。


   汗と皮脂

肌の付属器官である汗腺からでる水分と皮脂腺からでる皮脂・・・このバランスによって私達のスキンタイプはきまります。毎日の正しいお手入れをすることによって理想的なノーマルスキンを創りだし、健康な素肌を維持しましょう。

1 皮脂腺・・・ 皮脂は一日平均1~2g分泌されています。気温が高くなると多く、低くなると少なくなります。また、機能が衰えるに従って皮脂の分泌も少なくなってきます。皮脂腺は頭皮、顔、胸、背中、足などに集中しており、手の平、足の裏にはありません。

2 汗腺・・・・・ エクリン腺から出る水分には、感知性発汗と不感知性発汗があります。刺激によって生ずる汗を感知性、知らず知らずのうちに出て来る汗を不感知性といいます。気温の上昇によって発汗量は多くなり、体温調節に大きく関与しています。

3 皮脂膜・・・ 肌の一番表面の薄い膜で皮脂と汗が交じりあってできる自然のクリームです。皮脂膜の状態には個人差があり、年齢等によっても異なってきますが、正しいお手入れによって理想的な状態を徐々につくりだすことができます。

4 皮脂膜の
   働き・・・・

表面を滑らかにして潤いのある肌にします。
外の刺激に負けない弱酸性の肌に保つと同時に、化粧崩れも防ぎます。


 ※ワンポイントアドバイス
化粧品の乳液、クリームは皮脂膜の代わりとなるものですが、これらを使用することは天然の皮脂膜を作る妨げとなります。肌が絶えず天然の皮脂膜を作ることができれば全く皮膚呼吸は妨げられずPHも常に弱酸性に保たれます。様々な刺激から肌は守られ、みずみずしさと潤いのある肌でいられます。
この、肌の自然活性機能がベルツスキンケアシステムの一本柱となっています。

次のページへ 「スキンケア(シーズンケア)」

肌の構成と肌の手入れ、肌荒れlabo