Home|スキンケア (シーズンケア)



季節の変わり目は肌も敏感になっています。シーズン毎に肌はどのように変化するかを理解しながら、肌のシーズンケアを行いましょう。

1 春の肌

皮脂分泌が活発になります。
肌の抵抗が弱まりカブレやすくなります。
体内の毒素が表面に現れ、ニキビ、吹出物などのスキントラブルを招きます。
この時期に刺激の強い化粧品に変えるのは避けましょう。

<スキンケアポイント>
洗顔をポイントに肌を清潔に保ちましょう。
マッサージは週に1~2回行いましょう。
スキンローションをたっぷり使いましょう。

2 夏の肌

皮脂と汗の分泌が一年中で最も多くなり、皮脂膜が不安定な状態になります。
HPバランスがくずれ、吹出物が出やすくなります。
紫外線により角質脂厚を招きます。
メラニン色素が増え、シミをつくりやすくなります。
冷房等により、水分不足が起こります。

<スキンケアポイント>
皮脂膜が不安定なため、殺菌がつきやすくなるので洗顔を完全に行いましょう。
角質の水分が不足しやすいためスキンローションで十分に水分補給を行いましょう。
肥厚した角質を取り除くため毎日のパックは欠かさずに行いましょう。

3 秋の肌

紫外線の害が様々な形で表面にでてきます。
新陳代謝が低下し始めます。
角質が肥厚し表面が硬くなっています。
表面が乾燥し始めます(小ジワができやすくなります)

<スキンケアポイント>
水分が不足しがちなのでスキンローションをたっぷりと使いましょう。
肌の表面を柔軟にするマッサージを行いましょう。
角質が肥厚しているのでパックは毎日行いましょう。
この時期に刺激の強い化粧品に変えるのは避けましょう。

4 冬の肌

一年のうちで新陳代謝が最も低下する時です。
温度、湿度共に低く、肌の張りが失われがちです。
血管が収縮し皮膚細胞に栄養がゆきわたらない状態を招きます。
寒さで毛孔が収縮し皮脂分泌が減少するため表面が乾燥します。

<スキンケアポイント>
マッサージを週1~2回は必ず行い、血液の循環をよくしましょう。
パックのあとのスキンローションはたっぷり使い、水分を十分に与えてあげましょう。
部分的な乾燥や肌荒れのひどい時はスペシャルケアのモイストコンセントレートGを効果的に使いましょう。
バスタイムを有効に使ったり適度な運動によって内部からのリフレッシュをはかりましょう。

次のページへ 「スキンケア(紫外線と肌)」

肌の構成と肌の手入れ、肌荒れlabo