Home|スキンケア(紫外線と肌)


    ■■■ 紫外線と肌 ■■■ 

デリケートな肌にとって何よりも恐ろしいのは紫外線の害です。しかし日常生活の中で私達は、すべての紫外線をカットするわけにはいきません。ですから、出来るだけ紫外線と仲良くお付き合いするためにはどうしたら良いか、考えてみましょう。
1 紫外線の長所
ビタミンDの形成・・・・・骨の発育・結核菌の殺菌

2 紫外線がお肌に及ぼす影響
肌は防衛反応のために黒くなってゆき、内部ではメラニン色素が盛んに量を増やし始めます。角質も肌の内部を守るために肥厚して硬くなり肌は確実に老化します。

3 スキントラブルを防ぐ方法
紫外線が強いAM10~PM2時はなるべく外出を避けましょう。
長時間の直射日光は避け、必ず日よけを利用しましょう。
赤みが出て炎症が起こった時は化粧品をストップして患部を冷やすことが必要です。
炎症がおさまり次第普段より丁寧なスキンケアが必要になります。
(リニュウアルパックで新陳代謝を活発にしてあげましょう)
外出時には少し白めのシルキーパウダーをたっぷりつけましょう。

 ※ワンポイントアドバイス
紫外線が強くなる時期は6月頃から9月頃までです。夏は注意をしていても紫外線を浴びる機会が多いのですが、せめて秋口には肌を正常に戻しておくことが必要です。
マッサージ・パックをメインにスキンケアを行います。

次のページへ 「スキンケア(シミ)」

肌の構成と肌の手入れ、肌荒れlabo